2006年12月24日 (日)

『大奥』観ました

レイトショーで『大奥』を早速、観てきました。

単純に気楽に観れて、それなりに面白かったってのが感想です。まあ、テレビの特番でも良かったんじゃないの?とは思いますが、あの豪華キャスト観たさに行ってしまいました。先日『武士の一分』も観たけど、正直ずーっと大奥の方が面白かった。武士の一分のミドコロは1箇所で後は淡々と流れていくだけだけだからねー。それに山田洋次監督、キムタク主演でこの映画を観て何かを感じとらないといけない?って変なプレッシャーがあったけど、大奥はそんなこと全く気にすることないし…。

仲間さんの大河ドラマを観てないので、私は彼女の時代劇を観たのは初めて。なかなか役にそれなりにハマる女優さんなんですね。ごくせんのイメージなんて全くない。

それにあの意地悪役の豪華女優陣、凄い演技。浅野ゆう子さんの老け具合には驚きは隠せませんでしたが…。松下由樹、高島礼子さんのイジメ役は迫力満点です。さっすがーって感じでございます。杉田かおるさんも出演さんてましたが、少し早口でしたね。

あと、テレビで放映された歴代の殿が全員別の役で出演されてた。『おっ、殿だ!』とつい思ってしまいましたがね。私の好きなミッチーがいい役をゲットしておりまして、なかなかの演技。ミッチーもすっかり役者さんですね。

まあ皆さん、気楽に観れる映画なんで、お正月時間があれば観に行ってください。それなりに楽しめるのでは??主人の感想は『それなりやったな。お金を捨てたなーと思う映画ではなかったわ』だそうです。

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

武士の一分 観ましたよ

さて、キムタク主演『武士の一分』の感想ですが…。

前もって言っておきます。私は木村拓哉ファンではありません。特に、この映画が観たかったわけでもありませんので、これから書く記事はファンの人達にとっては嫌な事もあるかもしれないですが、どうかお許しくださいね。

感想は、期待してたほどではありませんでした。。。真田さんと宮沢りえの『たそがれ…』の方が良かった気がします。ただ、いつも2枚目を演じてるキムタクがこの役をどう演じるのか興味がありました。でもキムタクは何を演じててもキムタクにしか見えないんですよね、私には…。妻役の檀 れい さんや他の出演者の方の演技は良かったんですが、キムタクだけ違う時代から来てる人に見えてしまいました。

でも最後のシーンで年配者の方は泣いておられる人が多かったですねー。私はそこまで感情移入は出来ませんでしたけど…。やはりキムタクには現代版の映画に出演して欲しいかな?折角あんな大きなスクリーンでお顔を拝見できるなら、美しいキムタクが観たいものです。

役になりきるってことで言えば、やはり織田裕二や渡辺 謙さんの方が上かな?って気がします。今後のキムタク映画に期待です。

でもきっと、『武士の一分』は映画の賞レースを総ナメにしてしまうんでしょうね~。やっぱ木村拓哉人気は凄い!ってとこでしょう。(ファンのみなさん、勝手な意見を書いてしまってスミマセン。許してね)

| | コメント (9)

2006年11月 7日 (火)

「県庁の星」やっぱり織田裕二だ

やっと「県庁の星」が観れた。織田裕二の映画は初日に並んで観に行く程に好きだった。でも「県庁」ってのが地味で好きになれず、相手役の柴崎コウも何となくイメージが合わず見逃してしまったのだ。

期待半分で主人と一緒に鑑賞。感想は……。。。「やっぱり織田裕二の映画は面白い」です。主人に言わすと織田裕二の映画が面白いんじゃなくて、題材が面白いんと違う?って言われたけどねー。

「踊る…」ほどのスリルや迫力には正直欠けるが、バックが警視庁から県庁に変わり、その分迫力に欠けるんだなあと。でもストーリーはよく出来てます。現在の公務員に対する世相もチラっと反映されてましたしね。しかし、県の職員さん達はあんな立派なコーヒーマシーンでコーヒーを飲んでるんだろうかな…。石坂浩二さんも出演されてて「白い巨塔」を思い出し、ふと唐沢さんの役が織田裕二だったらもっと面白かったかも?と勝手に想像してました。期待以上の仕上がりでした。

映画の話ではないけど、明日からまた留守番の日々。今回は前日の予期不安は消えてます。少し進歩してるかあ?風邪引いたみたいなんで、しっかり内科で薬も無理矢理処方してもらいました。少しでも不安材料は消しておかないと!明日は韓国ドラマ「パリの恋人」でも観まくって不安から逃避しよっかな(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

「セーラー服…」と「たったひとつの恋」主演女優について

金曜夜は「セーラー服…」、土曜夜「たった一つの恋」を観ました。亀ちゃんファンの私は土9を期待してたんですが、ちょっとストーリー展開が遅い??ただ、亀ちゃんの顔だけを楽しみにしてる状態。それに比べて「セーラー服…」は面白い。脇役の人達もキラリと光るし、展開が早い!!最初は薬師丸ひろ子と比べてたが、もう別モンとして見れるようになった。

で、この2つのドラマの主演女優さん。長澤まさみさんと綾瀬はるかさん。(私の個人的な見解なんで、ファンの人達、怒らないでね。)どっちも同じキャラで区別がつかないんです、私。ドラマを入れ替えて演じてても何の不思議も違和感もない気がしてしまうんです。主人に言わすと全然違うそうなんですが…。どっちも清純派キャラですよね。何でそれぞれのドラマにそれぞれが抜擢されたんだろうなあ~と思ってしまいました。

私はどちらかといえば、沢尻エリカちゃんが好き。ちょっと悪女っぽいかもしれないが、カワイイ。要するに、私は清純派天然キャラの女優さんは好きじゃないのかも?ですね。

亀ちゃんのドラマ、これから面白くなりますように!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

「明日への記憶」をレンタルしました

今日は午後から渡辺謙さん主演「明日への記憶」のDVDを観た。若年性アルツハイマーをテーマにした映画。感想は一言、重いテーマだけど軽いタッチで綺麗に描かれてた。

レンタルビデオで見つけて新作だったけど、すぐ借りてきた。というのも私の父はアルツハイマーとは全く違うのだが、頭を怪我した後遺症で高次性機能障害(間違ってないかな?)という症状が残ってるのだ。父は半年間、入院してたがアルツハイマーの人も見かけたことがある。そして一時的に父もよく似た症状に陥ったことがあったから、この映画に興味があったのだ。介護された人ならおわかりでしょうが、毎日あんなキレイ事ではすまされませんけど…。映画を観て始めてわかったこと。アルツハイマーは過去と現在が交錯して症状が進んでいくんだってこと。渡辺謙さんの演技は流石でございました。でも、もう少し、とことん最後まで描いて欲しかったなあって気もしました。

私の父は怪我して脳のCTを撮影してもらった時に先生から「元の状態には戻りませんから。これから家族の皆さんは長い長い戦いが始まります。」と宣告された。本当に大変だったが幸いにも現在は、一人で掃除洗濯買い物料理と殆ど出来る。会話も普通に出来る。一見は普通の人と変わらないところまで回復してる。でもやはり、記憶力は落ちてるし過去の記憶も全部戻ってなかったり、挙げ始めたらキリがないな。脳に障害を持つ家族と生活を共にされてる皆さん、自分の体も労わりましょうね。あとで私のように病気になったりしますから…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月30日 (土)

有頂天ホテルをレンタルしたが…

有頂天ホテルをレンタルしてみた。レンタルランキングも常に上位。期待を込めて…。

出演者も豪華!スゲー\(◎o◎)/!  主人と一緒に見始めた。始まって10分経過。

何だかまだよくわからん。15分経過。『謹賀信念』の垂れ幕にだけ笑いが…。それから暫

く観ていたのだが、ストーリーが掴めない。私は単純明快な映画が好きなんで、とうとう

飽きてしまい、携帯をイジリ始めた。主人も『もう止めてくれてもいいわ』と言った。

有頂天ホテルはあれからどんなストーリー展開されたんだろう。あれだけの人がレンタル

してるんだから、きっと面白い筈。私達夫婦の感性が鈍いんだろうか…。

でもやはり、私は極道もんと織田裕二の映画が好き。極道もんでは『仁義』がお気に入り。1話~44話まで全てレンタルした。水戸黄門のように最後は竹内力が勝つ!とわかってるんだけど、ストーリーが単純だし人情もんだし、私には合ってるのかな。 有頂天ホテルの他にV6のベストアルバムもレンタル。これはノリノリでダビングさせてもらった。ジャニーズは好きだけど、楽曲が好きなのはキンキとV6。ベストはいいねえ~。

最後に、有頂天ホテルは再度見てみる価値あり?ですかね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)