2006年10月24日 (火)

やっと観れた「悲しき恋歌」

やっとレンタルビデオで「悲しき恋歌」の最終話がレンタル出来た。毎日通ってもレンタル中で待ち遠しかったわ。最終話を観ないと新しいドラマをレンタルする気持ちになれないしね。結末は予想通りだった。でもジョンヨンの子供まで最後に見れるとは思わなかったな。

韓国ドラマにハマるのは、純愛が嫌味なく描かれてるとこ。そしてきっちり結論を出して終わってくれるから後味がいいのだ。日本のドラマは含みを持たして終わるから、色々と想像してしまうことに疲れる。

クウォンサンウは他に感動ドラマに出演してないのかな?もっと観たーい。来年のカレンダーを買わなくちゃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

悲しき恋歌 クウォン・サンウにメロメロ(#^.^#)

クウォンサンウ主演ドラマ『悲しき恋歌』を4話までじーっくり鑑賞。以前にお友達のうららちゃんからビデオを借りてたが、当時パニック障害が酷くてじっくり見れてなかったのである。『天国の階段』をテレビで見て以来、ファンになってしまった私。。。ここ2日間、主人が留守の時間が多かったので一人で入り込んで見れた。彼はやはりステキ!(^^)!。ちょっと寂しそうな視線が何ともキューンってしてしまいます。

今日は3話4話と鑑賞。4話では2回も泣いてしまった。ジョンヨンとペインの再会のシーンと2人の別れのシーン。この最後の別れのクライマックスシーン時に主人が帰宅。私はドラマにどっぷり状態。「何でこんないいシーンの時に帰ってくるんだよ」と思いながら。。。主人はお腹が空いていたのか「このパン食べていい?」とか冷蔵庫空けたりとかウロウロ。私、半分イライラ(>_<)!ふと主人は私が感動してるのに気づいたのか「泣いてんの?」と聞いてきた。もードラマは超クライマックス。不覚にも主人の前でボロボロ泣いてしまった私(T_T)。泣くもんかーと思うと余計に涙が止まらない。

ドラマ終了後「可哀相すぎるわ」と涙でグシャグシャの顔で主人に話しかけた。きっと奴は私の事をバカじゃなかろーか?と思ったに違いない。しかし、こんなに泣いたのは久しぶり。ドラマのストーリー展開は予測できてるが、次は一人でゆっくり泣きたいものである。

自律神経病んでると、感動も何倍もするんだろうか?ドラマ見て、泣きすぎの私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)